脱毛を毛抜きですると肌荒れのリスクがある

シェービングで剃るという行為は除毛であり、正確には脱毛ではありません。自宅で簡単にできる脱毛は毛抜きによる処理です。ほとんどお金のかからない処理方法ですが、多大な時間と肌荒れのリスクがあります。毛抜きで処理することで皮膚を挟むことがあるでしょうし、埋没毛や毛嚢炎などが発生することもあります。
これらの肌トラブルが発生すると肌が炎症を起こして、さらにトラブルを招くという悪循環になりがちです。

安全にムダ毛処理をするなら、やはりサロンやクリニックが一番でしょう。ミュゼプラチナムや銀座カラーなどの大手サロンなら、毛根から毛を弱らせることができます。この効果を減毛と呼んでおり、毛抜きでは決して得ることはできません。減毛によってムダ毛が段階的に薄くなり、最終的にほぼツルツルにまでなります。それまでの期間は個人差がありますが、概ね2~3年といったところで、回数にして6~12回ほどです。

参照:大阪脱毛ランキング

永久脱毛をしたいなら湘南美容外科やアリシアクリニックなどの医療脱毛をおすすめします。最もツルツルにできる方法であり、毛抜きによって傷んだ肌を修復させることもできます。肌がダメージを受けると乾燥するので、以前と比べて乾燥肌が気になるという方はクリニックで処理を受けましょう。
最近は広範囲に照射するレーザーが開発されており、思いのほか痛くないので安心です。実際に施術を受けた方はエステサロンのようにリラックスできたと答えるほどです。