バックを捨てる勇気がほしい。

会社に勤めてから、買ったバックを捨てることができません。
大切に使っていたのですが、デザインが古くなってきたこともあり、だんだん飽きてきました。
思い切って捨てようといつも思うのですが、お給料を工面して買ったので、捨てることができませんでした。

バックを見ていると、これを持って友人と旅行に行ったなぁなどと、思い出に浸ってしまいます。
持っていても、きっともうバックを使うことがないのだから、思い切って捨てることにしました。

ゴミ袋の中にバックを入れました。

でも、徐々に捨てるのが惜しくなってきてしまい、またゴミ袋からバックを取り出しました。
新しい高価なバックを買ったら、このバックを処分することに決めました。

バックを捨てる勇気が欲しいです。